さたろうが感銘を受けた詩「青春の詩」を紹介します。

青春とは人生のある時期ではなく、心の持ち方を言う

この言葉は私の大好きな言葉でサミュエル・ウルマンの「青春の詩」

の冒頭の文章です。

青  春
青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相をいうのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、
怯懦(きょうだ)を却(しりぞ)ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、
こういう様相を青春と言うのだ。
年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。
苦悶や、孤疑(こぎ)や、不安、恐怖、失望、
こう言うものこそ恰(あたか)も長年月の如く人を老いさせ、
精気ある魂をも芥(あくた)に帰せしめてしまう。
年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く「驚異への愛慕心」、「空にきらめく星辰(せいしん)」、「その輝き
にも似たる
事物や思想に対する欽仰(きんぎょう)」、「事に処する剛毅な挑戦」、
「小児の如く 求めてやまぬ探求心、人生への歓喜と興味」。
人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。
大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、 そして
偉大の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。
これらの霊感が絶え。悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽(おお)い
つくし、 皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、この時にこそ
人は全くに老いて、神の憐れみを乞うるほかはなくなる。

怯懦(きょうだ) :臆病で気の弱いこと

孤疑(こぎ)   :疑ってためらうこと

星辰(せいしん) :星のこと、辰は天体のこと

欽仰(きんぎょう) :尊び敬うこと・仰ぎ慕うこと

by: Weblio辞書

 

 

第二次世界大戦後昭和天皇が、日比谷の占領軍総司令部に

マッカーサー元帥を訪問し、天皇が始めて民間人と並んで

ツーショット写真を撮られた部屋の壁にかけられていた詩が

この「青春の詩」(英文)でした。

マッカーサー元帥は、友人のJhon W..Lewis氏(コーネル大学教授)

よりこの詩を贈られ、座右の銘として執務室に飾っていたそうです。

 

この詩を岡田義夫氏(明治24年埼玉県生まれ)が見つけ、感動し、

漢詩調に翻訳した。これが後に松下幸之助氏の目に止まり、

あるインタビューでこの詩のことを紹介し、雑誌に掲載され一躍有名に

なったそうです。

 

私は数年前、ある会合でその会の会長が挨拶でこの詩を紹介され、

70歳を超える会長が「私も今青春真っ只中でがんばっています」

と話され、感銘しネットで調べ印刷し座右の銘にしています。

身体は年とともに老いますが、心は青春でいたいものです。

 

お役に立ちましたでしょうか。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします
下記バナークリックしてください

 

今日も一日お互い 明るく楽しくワーク頑張りましょう。